世界の山ちゃんブログ

不動産と仮想通貨(主にワピコ)と詐欺撲滅の話をするブログ

Difficulty(採掘難易度)とは

世界の山ちゃんは現在ワールドピースコインマイニングをしておりますが、そこでよく聞く言葉『Difficulty(採掘難易度)』と言う用語をご説明していきます!

 

f:id:adlib0529:20180504010258j:plain

Difficultyとは

日本語では採掘難易度とも呼ばれ、採掘(マイニング)によりブロックを生成する際の「ナンスを見つける難易度」のことを指します。計算方法はコンセンサスアルゴリズムによって異なります。

マイニングの計算概念は、簡単に表すと、これから確定するブロックのハッシュ値がある閾値(Difficulty Target)より小さくなれば良いというものです。これは値が低いほど採掘(マイニング)が難しくなります。

採掘難易度は、ハッシュレート(採掘速度)と合わせて、ブロックの生成量目安の計算に使用され、ビットコインの場合はブロック生成が厳密には10分ではなく、平均して10分に1回となるように調整されています。その調整は、2週間に1回行われ、過去2週間の平均ブロック生成時間が10分より長ければ難易度を下げ、短ければ難易度を上げます。

採掘難易度はマイニングの競争環境の激化により基本的に上がり続けます。マイニングに参加しているノードの数が増えていることや、ASICなどを使ったマイニング専用のハードウェアが普及し、投入されている計算パワーが増え続けているのが主な理由であると考えられております。

 

採掘難易度は採掘競争環境激化により上がり続けますが、過去に下がったこともあります。

 

 

 

 

では有名なビットコインワールドピースコインのDifficulty(採掘難易度)を比較!

 

ビットコイン

f:id:adlib0529:20180501060816j:plain

その数字はなんと…4,000,000,000,000…40兆!

リアルタイムで見たい方はこちら

 

ワールドピースコイン

f:id:adlib0529:20180501055448j:plain

ワールドピースコインでいうと、この赤枠部分で187!

リアルタイムで見たい方はこちら

まだまだ掘れやすいという事ですね!

 

ワールドピースコインはまだまだICO中!

f:id:adlib0529:20180427121143j:plain

 

ワールドピースコインについて色々聞いてみたい!

私もワールドピースコインマイニング したい!

 

世界の山ちゃんライン@のお友達登録もお願いいたします!

友だち追加